イベント情報

このページでは、「マスコミ・文化 九条の会 所沢」が主催・共催・後援のイベント情報を紹介しています。


もくじ

09年  4月11日 連続講座 今、学ぶ「日本国憲法」
08年  4月19日 結成3周年の集い
07年 11月21日 井上ひさし所沢講演会
07年  9月 2日 「マスコミ・文化 九条の会 所沢」第2回総会と記念講演会
07年  4月14日 憲法九条を守る手作り市民集会 2
07年  2月17日 映画「蟻の兵隊」上映会
06年 11月27日 憲法九条を守る手作り市民集会
06年 10月11日 だれが決める?憲法の行方
06年 10月 7日 危険な共謀罪を廃案に
06年  9月30日 憲法講演会
06年  8月19日 うたごえ喫茶 in 所沢
06年  5月27日 中国近代史研究家との懇談会
06年  4月22日 結成一周年記念 音楽講演のつどい
06年  2月25日 講演と朗読のつどい
05年 11月27日 うたごえ喫茶 in 所沢
05年 10月 9日 講演と上映会のつどい
05年  5月28日 講演のつどい
05年  3月26日 結成集会



実施済

連続講座 今、学ぶ「日本国憲法」

 山田敬男氏(労働者教育協会会長・「歴史評論」元編集長)を講師にお招きし、国民投票で問われる私たちの憲法について今、広く、深く、でも決して難しくなく学びます。この機会に、ぜひ「日本国憲法」を振り返ってみましょう。内容は次の通りです。

第1回【日本国憲法の歴史的源流】4月11日(土)*日本国憲法の歴年的源流とその世界史的意義 *平和主義、基本的人権の世界史的到達からみた日本国憲法の意義 *日本近代の中で、日本国憲法の源流はどのように作られていたのか

第2回【日本国憲法の社会的定着をめぐって】4月25日(土)*日本国憲法の制度的成立とは相対的に区別される社会的定着の過程 *社会の運動や国民の平和意識、人権意識のあり方との関連

第3回【改憲派の論理と歴史観】5月9日(土)*戦後の改憲派の運動とその中における改憲の論理 *改憲派の国家観、社会観とその基礎にある歴史観

第4回【今、憲法はどうなっているか一私たちの課題は何か】5月30日(土)*今日の改憲の動きはなぜ始まったのか一その背後に何があるのか *日米関係の変化一その動向と憲法間題の意味 *アジ'アの平和の共同体構築に向けての動きと新しいアジアの流れ一私たちはどのように向き合っていくべきか *憲法を守る運動一その特徴と課題

◆会 場:所沢市文化センター ミューズ管理棟4階第2会議室(5月30日のみ新所沢東公民館)
◆期 日:4月11日から隔週土曜日(最終回は5月30日) 全4回             
◆時 間:全回とも午後1:30〜3:45                         
◆参加費:資料代として2000円(全4回分、1回の受講も可)               
◆定 員:40人(先着順)

イベント情報 もくじへ


実施済

結成3周年の集い

いま防衛省で何がおきているか




68名の方々が集いました。機関紙34号に詳報があります。ご参照ください。

イベント情報 もくじへ


実施済

11.21 井上ひさし所沢講演会

日本国憲法が創り出した価値


会場いっぱいの800名余が参加!


「九条の会」呼びかけ人で作家の井上ひさしさんが、11月21日、所沢・ミューズ マーキーホールで講演を行いました。

 これは、所沢の九つの九条の会が連帯して「成功させる会」をつくり、取り組んできたものです。

 井上さんは、日本国憲法の前文・9条の理念が、南極条約や、南半球の非核地帯化、海底、成層圏からの上の宇宙の非核化などに生かされていると紹介しました。

 また、9条を守るというだけでなく、積極的な運動として、それぞれの居住地域から武力を無くして、非武装地域宣言をして、国際条約上武力攻撃を受けない地域を広げてゆくという構想を提起し、参加者に感銘を与えました。



 井上ひさしさんの講演に先だって、上尾音楽家九条の会の伴場三恵子さんのピアノ演奏が行われました。

 伴場さんの素敵な演奏と、平和へ熱い思いを込めたメッセージに会場から共感の大きな拍手がおくられました。

イベント情報 もくじへ


実施済

「マスコミ・文化 九条の会 所沢」第2回総会と記念講演会

『世界』編集長・岡本 厚さんが語る


参院選後の政局と九条を守るたたかい


 「マスコミ・文化九条の会所沢」の第2回総会が、9月2日、ミューズ5階展示室で開かれました。先の参院選で阿倍改憲路線が有権者からノーの審判を受け、新しい政治の、息吹が芽生えるなか、これからの「会」の運動について、会員らが71人が集まり、熱心に意見を交換しま した。

 後半は雑誌「世界」の編集長・岡本厚さんが「参院選後の政局と9条を守るたたかい」と題し、90分の記念講演を行いました。

イベント情報 もくじへ


実施済

憲法を守る手作り市民集会 2

平和のねがい in 所沢 2




4月14日、講演とコンサートのつどいに580人参加。講師予定の小田実さんが病気のため緊急、入院され、代わって暉峻淑子さん(埼玉大学名誉教授)が「現在の九条の問題・小さな人間の位置から」と題してお話されました。

 コンサートは、ナターシャ・グジー、カーチャ・グジー姉妹の心にしみる歌声、また市内の女声合唱団「クレッシェンド・コーラス」の金子みすゞ曲集、混成合唱団による「ねがい」と「ふるさと」が演奏され聴衆を魅了しました。

イベント情報 もくじへ


実施済

蟻 の 兵 隊

映画上映とトークのつどいに240人参加



 2月17日、会場の小手指公民館分館ホールは会場いっぱいの240人の参加者で埋まりました。

 山西省日本兵残留問題の究明に情熱を注ぐ奥村さんの姿勢に感動を受けるとともに戦争がいかに非人間的なものであるかをあらためて痛感しました。

イベント情報 もくじへ


実施済

憲法九条を守る手作り市民集会

平和のねがい in 所沢




 12月5日、所沢ミューズ大ホールには、平日の昼間という条件にもかかわらず、540名の市民が参加しつどいが開かれました。

 参加者は、自民党新憲法草案の正体をあばく小森陽一さんの明解なお話と、ナターシャ・グジーさんの清らかであくまでも澄んだ歌声、合唱団とともに歌った「ねがい」に感銘を受けました。

イベント情報 もくじへ


実施済

だれが決める?憲法の行方

メディアと改憲手続法(国民投票法)を考える

改憲はどのような「仕組み」でやられようとしているのか
改憲賛否を問う投票は、通常選挙と同じでいいのか
憲法を変えるのも、カネ次第?
疑問がいっぱいの改憲手続法(国民投票法)
知ってもらおう!知らせよう!

講演 澤地久枝さん (作家・九条の会呼びかけ人)
パネル討論
  改憲手続法(国民投票法)をタテ・ヨコ・ナナメから見る
   ・小森陽一さん(東京大学教授・九条の会事務局長)
   ・坂本 修さん(弁護士・自由法曹団団長)
   ・桂 敬一さん(元立正大学教授・マスコミ九条の会呼びかけ人)
日 時 2006年10月11日(水)18:00〜
   開場:18:00
   開演:18:30
参加費 1000円
主 催 「マスコミ関連九条の会連絡会
問合先 mail@mc9tokoro.com

イベント情報 もくじへ


実施済

危険な共罪を廃案に

 「相談」、「話し合った」だけで「犯罪者」にされる「共謀罪」。これまでの日本における刑法の「犯罪実行ないし着手に対して刑罰を処す」という根本を変えるだけでなく、憲法に規定されている「思想・信条の自由」を侵す危険な法案です。
 これまで国会で、二度まで廃案になり、先の通常国会では、民主党案を丸呑みしてまで成立をめざした自民党の真の狙いとは?
 臨時国会における「教育基本法」「国民投票法」とならぶ重要法案について考えます。

講 師 望月憲郎氏(日本国民救援会中央本部副会長)
日 時 2006年10月7日(土)14:00〜
    開場:13:30
    開演:14:00
会 場 所沢地区労会館(航空公園西新井交差点、ホンダプリモ裏)
会 費 無料
主 催 国民救援会所沢支部
後 援 所沢地区労/マスコミ・文化 九条の会 所沢
    ※会場周辺には駐車場があまりありません。電車・バス等をご利用下さい。

イベント情報 もくじへ


実施済

憲法講演会

国民投票法案反対運動の意義と
「九条の会」の役割

 「会」では、昨年5月に「改憲勢力の現状とメディアの責任」を講演された、桂敬一氏(元立正大学教授)を再び所沢にお招きし、上記の表題で憲法講演会を開きます。

講 師 桂 敬一氏(元立正大学教授)
日 時 2006年9月30日(土)14:00〜
    開場:13:30
    開演:14:00
会 場 所沢地区労会館(航空公園西新井交差点、ホンダプリモ裏)
会 費 無料(会場カンパにご協力下さい。)
主 催 「マスコミ・文化 九条の会 所沢」
    ※会場周辺には駐車場があまりありません。電車・バス等をご利用下さい。

イベント情報 もくじへ


実施済

WE LOVE9条 うたごえ喫茶 in 所沢

納涼ビアパーティ

うたと、ビールと、9条と



□と き/2006年8月19日(土)16:30〜19:00
□ところ/所沢地区労働会館
□かいひ/ひとり 500円(ワンドリンク付)
□主 催/所沢・平和のためのうたごえ喫茶実行委員会
□協 賛/マスコミ・文化九条の会所沢
     新日本婦人の会けやきコーラス
     合唱団ききゅう
     全日本年金者組合所沢支部うたごえサークルこだま

    伴  奏:ピアノ     松樹偕子
          アコーディオン 新井幸子
    賛助出演:ビジービーズ

□連絡先/こちらへ


イベント情報 もくじへ


実施済

歩平さんを囲んで お話と懇談のつどい

中国近代史研究家から見た日中戦争

 日本の侵略戦争によって多大な被害、犠牲を被ったアジアの国々。その中でも、日本軍による中国・朝鮮民衆への暴虐の数々は凄まじいものでした。人間性を失い、人を殺戮することになんの痛みも、疑問も感じない兵を作り出した日本軍国主義。日本の民衆は軍国主義による加害者でもあり、被害者でもあります。
 私たちはこうした過去への反省から、戦争放棄・戦力不保持の平和憲法とりわけ九条を持っているのです。
 今回は、侵略戦争の被害国・中国の近代史研究家、歩平さんから見た日中戦争について語っていただき、懇談し交流を深めたいと思います。
 どうぞご参加下さい。

日 時 2006年5月27日(土)14:00〜
場 所 ラーク所沢
会 費 無料
主 催 「マスコミ・文化 九条の会 所沢」

お話 「中国近代史研究家から見た日中戦争」

    お話 歩 平さん (中国社会科学院近代史研究所長)

イベント情報 もくじへ


実施済

音楽と講演のつどい 輝かせよう! 憲法九条

結成一周年記念集会 いのちと平和の尊さを

日 時 2006年4月22日(土)13:30〜
場 所 小手指公民館分館 2階ホール
会 費 無料(会場カンパにご協力下さい)
主 催 「マスコミ・文化 九条の会 所沢」

第一部

音楽、それはいのちを慈しみ平和を謳う言葉…

    演奏 岸本美奈子さん (Ve)
       畑  真理さん (Pf)
       内木由美子さん (Sop)

第二部

講演 「いのちと平和の尊さを」

    講演 早乙女勝元さん (作家・「東京大空襲・戦災資料センター館長」)

 3月10日の夜、幼いこどもたちは、火の海を逃げまどった。しかし、大本営発表は、「都内各所に火災を生じたるも、宮内省主馬寮は2時35分其の他は8時頃迄に鎮火せり」で、100万人をこえる罹災者と、約10万人もの死者は「其の他」でしかなかった。

イベント情報 もくじへ


実施済

輝かせよう! 憲法九条

自民党新憲法草案と私たちのたたかい

 昨年11月、自民党は現憲法を全面的に書き換える新憲法草案を発表しました。「戦力不保持」「交戦権否認」の九条二項を削除し、あらたに「自衛軍の保持」を明記。いったい改憲案は、日本をどこへ導こうとしているのでしょうか。

●と き 2006年2月25日(土)13:30〜
●ところ 小手指公民館分館
●参加費 無料
●主 催 「マスコミ・文化 九条の会 所沢」

講演 「『戦争をする国』は人間を踏みにじる」

    講演 坂本 修さん (弁護士・自由法曹団団長・東京法律事務所)

朗読 「ウンジュよ」

    朗読 谷 英美さん (女優・アローン・シアター主宰・川越市在住)

イベント情報 もくじへ


実施済

WE LOVE 9条

うたごえ喫茶 in 所沢

 今、憲法が危ない!日本を再び戦争をする国としないため、みんなで力をあわせましょう!
 うたごえは、平和の力!平和のうたごえを所沢に響かせましょう!

□と き/2005年11月27日(日)13:30〜
□ところ/所沢地区労働会館
□かいひ/ひとり 500円
□主 催/所沢・平和のためのうたごえ喫茶実行委員会

    伴  奏:ピアノ     松樹偕子
           アコーディオン 新井幸子
    賛助出演:ビジービーズ

イベント情報 もくじへ


実施済

10月9日、講演と上映会の集い

「マスコミ・文化 九条の会 所沢」の第三弾・文化講演

日 時:05年10月9日(日) 14:00〜
会 場:所沢市生涯学習センター ホール
参加費:800円(資料代)
主 催:「マスコミ・文化 九条の会 所沢」

第1部

講演 「日・中・韓共同の歴史教科書を編集して」

    講演 梅田正己氏 (高文研代表)
第2部

映画 「にがい涙の大地から」

    監督・撮影・編集 海南友子(第4回 黒田清JCJ新人賞受賞)

イベント情報 もくじへ

実施済

なんのため? だれのため? 憲法『改正』

いま「平和憲法」を考える

 自民党・新憲法起草委員会要項につづいて、衆院憲法調査会報告書が発表されました。これに対してメディアは、「改憲」があたかも既定路線であるかのように大きなスペースを割いて報じています。しかし、国民世論はそれを望んでいるでしょうか。実際には、九条はこのままでいい、戦後の新憲法を守りたいと考えている人が多いのではないでしょうか。そして、憲法を21世紀に生かしていくために、メディアの活発な言論活動に期待をかけているのではないでしょうか。改憲試案の問題点、国民の期待にメディアはどう応えるべきか、さまざまな角度から論じていただきます。

日 時:05年5月28日(土) 13:30〜
会 場:所沢市民文化センター 「ミューズ」第2展示室
参加費:無料
主 催:「マスコミ・文化 九条の会 所沢」

講演 「改憲勢力の現状とメディアの責任」

    講演 桂 敬一さん (立正大学教授)

講演 「メディアはなぜ伝えないのか」

    講演 近田洋一さん (ジャーナリスト)
    講演 岩崎貞明さん (メディア総研事務局長)

イベント情報 もくじへ

実施済

戦争をしない「九条」は わたしたちの誇り

「マスコミ・文化 九条の会 所沢」3月26日結成の集い

 いま、憲法九条を変えて、日本を「戦争をする国」西用とする動きが強まっています。太平洋戦争への深い反省から生まれた九条は、戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認を宣言した世界に誇るべき「平和の原則」です。「憲法改悪」の重大な局面を迎えている現在、マスコミ・文化の果たす役割は大きいと考えます。大江健三郎氏など著名人九氏による「九条の会」の呼びかけに応えて、「マスコミ・文化 九条の会 所沢」を結成します。是非ご参加下さい。

日 時:05年3月26日(土) 14:00〜
会 場:ラーク所沢 ホール
参加費:無料
主 催:「マスコミ・文化 九条の会 所沢」

記念講演 「憲法九条とマスコミの責任」

     講  演 増田れい子さん (ジャーナリスト・エッセイスト)

     コーラス 合唱団ききゅう


イベント情報 もくじへ
トップページへ